お買い物カゴ マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

※注文内容により送料が自動計算できない場合は「別途連絡」となり、受注後にメールで料金をお知らせします。
夏季(4-10月)は冷蔵が必要な野菜は「クール便」対応になります。別途クール料金がかかりますのでご了承下さい。
2018年10月より有機にんじんの価格を改定させていただきます。

 

 有機にんじん産地状況(10/15現在  青森・北海道 ※入荷待ちのためお時間いただきます。
※有機人参は悪天候等による生育不足で収穫量が少なっております。
※長雨や高温の影響により現在収穫不足となっているため、一部サイズの注文受付・定期受付を中止しております。
ご不便をおかけしまして申し訳ありません。

たまねぎについて

たまねぎ説明



毎日の料理に欠かせないたまねぎ。甘さと辛さが丁度よく、サラダにしても、炒め物にしても美味しいオールマイティな野菜。最近では血液サラサラ効果が注目されています。


科/属ユリ科ネギ属
5月〜9月
新たまねぎは3月〜4月
主な栄養成分糖質
カリウム
亜鉛
ビタミンB1




野菜説明_保存方法

1.黄色たまねぎは1〜2ヶ月の保存が可能ですが、新たまねぎや赤たまねぎは水分が多いため、風味が落ちやすく保存もききません。冷蔵庫で保存し、早めに食べきりましょう。

2.黄色たまねぎは、直射日光を避け、常温で暗い場所に保存します。風通しの良い場所に、ネットなどに入れ吊るしておくのが一番です。

3.湿気が多い場所では根が出てきて、味が落ちてしまうので、一つずつ新聞紙に包むと湿気を防ぐことができます。

4.傷みが伝わりやすいので、腐ったものは取り除く。

5.カットした残りは切り口が乾燥しないように、ラップに包み冷蔵庫に保存し早めに使いきる。





野菜説明_調理のポイント

1.たまねぎを調理する際に涙が出るのは、たまねぎに含まれる揮発成分が発散するためです。そのため次の方法で涙が出るのをやわらげられる場合があります。お試しください。

・切る前にたまねぎを冷蔵庫で15分ほど冷やす。
・切る前に軽く熱を通す。
・繊維にそって厚めに切る。

2.冷凍する際は、あめ色になるまで炒めたものを小分けにして冷凍保存すると、劣化も防げ長持ちする

3.サラダなどに使用する場合、辛みを抑えるには繊維にそってスライスし、冷水にしっかりさらすことで、辛みが和らぎます。





野菜一覧ページへ戻る野菜知識_一覧ページ

ページトップへ