お買い物カゴ マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

※1/22の降雪によるお届けの遅延が発生しております。ご不便をおかけしますが何卒ご理解ください。
※注文内容により送料が自動計算できない場合は「別途連絡」となり、受注後にメールで料金をお知らせします。
11月からお野菜の発送は常温便になります。クール便をご希望の方はご注文時にお知らせください。
クロネコヤマト運賃改正のため、2017年10月より一部送料を変更させていただきます。
北海道・九州は「5400円以上送料300円」に変更になります。沖縄は送料割引対象外です。

 

 有機にんじん産地状況(1/15〜1/19  千葉・熊本・茨城
※産地のご希望がある場合はLMサイズをご利用くださいませ。

【産地直送】JAS有機 会津コシヒカリ(玄米) 30kg[大袋]

「あいづ有機農法生産組合」では、米作りのプロ3名で有機米を生産しています。
福島県の会津盆地は会津磐梯山の名水と地力の高い豊かな土壌に恵まれ、
食味も最高レベルに仕上がってまいりました。
手間暇かけて大切に育てられた有機栽培米 會津こしひかりをどうぞご賞味下さい。



あいづ有機米を食べて被災地を応援!

あいづ有機農法生産組合の「JAS有機コシヒカリ」は

放射性物質の自主検査済です。

ヨウ素131/セシウム134/セシウム137

すべて
「検出せず」でした。 (測定日2011/11/10)

安心してご利用下さい。

産地より直送【あいづ有機米】

毎週水曜日発送 (注文締切:月曜15時まで)

産地より直送のため、他の商品と同梱発送できません。

価格は『関東・東北』へのお届け価格です。

お届け地域により、下記【追加送料】が発生します。

 北海道 +500円 / 中部・北陸・関西 +300円
 中国・四国 +600円 / 九州 +800円 / 沖縄 +1500円



ご利用可能なお支払い方法

・郵便振替(前払い) ※金曜日までのご入金分を翌週水曜日に発送致します。
ご入金いただいてから当店で確認するまでに時間がかかるため、
月曜日と火曜日のご入金の場合は翌週の水曜日発送になります。


・NP後払い(コンビニ・銀行・郵便局) 手数料:200円
請求書が商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願いします。

・クレジットカード


産地から直送のため【代金引換】はご利用いただけません。



ご注文からお届けまで

毎週水曜日発送 (注文締切:月曜15時) お届けは発送日の翌日または翌々日

農家さんが、農作業の間で発送・精米作業をするため、お届けまでお時間いただいております。
また、細かいお届け指定などには対応できない場合があります。
ご理解下さいますようお願い致します。

「ヤマト運輸」または「福山通運」でのお届けになります。

【産地直送】JAS有機 会津コシヒカリ(玄米) 30kg[大袋]

価格:

16,800円 (税込)

[ポイント還元 168ポイント〜]
お届け地域:
※【産直】のため、ご確認下さい:
購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる



福島県産 有機栽培米 會津こしひかり

[産地の特徴]

福島県の会津盆地は、冬の雪が深く、夏は温度がきっちりと上がる、盆地特有の気候に恵まれております。また古くから宝の山と称される会津磐梯山からの清流にも恵まれ、食味のよい良質な米がとれることで有名です。

[生産者]

福島県会津若松にある「あいづ有機農法生産組合」に所属する、3名の農家で有機米を栽培しております。当組合は、長年畑作での有機栽培に取り組んでまいりましたが、このたび、水田除草の方法として「紙マルチ」を使用した技術体系および機械体系が確立しましたので、有機米の取り組みを始めました。様々な技術的・環境的ハードルがありましたが、ひとつひとつ着実にクリアして、ようやく有機認証に至りました。
畑で培った栽培技術を応用し、安全で美味しい有機米の供給に全力を挙げて邁進しています。

[品種・食味]

味に優れた、「コシヒカリ」を栽培しております。会津磐梯山が育んだ名水と地力の高い豊かな土壌という、最高な条件の下、有機栽培での米作りに取り組むことで、食味の良いお米に仕上がります。2010年の横山組合長の有機米の食味値〈サタケ分析〉は、92という値で日本での最高峰に属するとの評価をいただきました。

[貯蔵保管]

一年中安定して美味しい有機米を届けていくために、国の検査を受けた後は、米の専用倉庫で温度と湿度を専門に管理して、大切に保管しております。

* * * * *

平成23年産有機JASコシヒカリの食味値測定結果
生産者(圃場No.) 食味値(点) アミロース(%) タンパク質(%) 水分(%)
横山 幸喜(No.13) 87 17.9% 6.5% 14.1%
横山 幸喜(No.18) 89 17.5% 6.3% 14.2%
小山 要一(No.28) 82 18.4% 7.2% 14.1%

使用機器:米粒食味計(近赤外線分析器 サタケ製 RCTA11A)
測定日時:平成23年10月24日

★食味値とは?
・米の品質を評価する項目として「食味値」があります。
・食味値は100点満点となっていますが、日本の米は60?65点が標準になっています。
 70点以上が良質米作りの目標となっています。

【会津有機米に関しての記事が新聞に掲載されました!】

◆2012年8月20日発行の読売新聞(夕刊)で会津有機米に関しての記事が掲載されました。
ネット記事『福島の米 未来信じて』はコチラよりご覧いただけます。

20120820読売新聞 会津有機米記事
※画像をクリックすると、ネット記事がご覧いただけます。


◆2012年3月8日発行の河北新報で会津有機米に関しての記事が掲載されました。
下の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

20120308河北新報 会津有機米記事

ページトップへ